読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フットボールと人びと Arabic

アラビア語メディアのサッカー記事で読む中東地域の現在

カミシュリで再び暴動発生

2004年3月の「カミシュリの春」の翌年にもカミシュリでクルド人の暴動事件が発生しています。

この記事も、どちらかといえば政府よりのトーンですが、それでも暴動事件が起こってしまわざるを得ない、不公正が厳然としてあることがうかがわれます。

元記事

http://archive.aawsat.com/details.asp?issueno=9532&article=304188#.VYqXZlztobg

シャルク・アウサト
2005年6月7日

カミシュリに平穏戻る 日曜の騒乱の後
警官ら19人の死傷も確認

ダマスカス:シャルクアウサト、複数通信社

おとといカミシュリ市で発生した複数の事件への対応で、シリアの治安維持部隊は同市の混乱を抑え込んだ。騒動で警察の副司令官が死亡、重傷を含め複数の警官が負傷した。またこれによりアラブ人、シリヤーン人(訳注:イスラム以前にシリアに居住していた住民の末裔、キリスト教徒)、クルド人14人が負傷した。複数の住民がシャルアウサト紙のダマスカス事務所の電話取材に答えた。

住民によると、昨日、市は平穏だったが、警戒と期待が混在した状態である。また、職員や学生の活動は制限されている。一方、事件が発生したエリアにおいては、一部外出した住民をのぞいてほとんどが家にとどまっている。

また、同市の治安当局は、事件に関わった嫌疑でクルド人10人を逮捕したと話している。事件で、アラブ人と古代シリア人の店舗約40店と市内の多くの警察詰所に被害が及んでいる。

住民によると、先週金曜日、700人以上のクルド人がアラブ人とシリヤーン人のキリスト教徒が多数居住する複数の地区を襲撃、キリスト教徒を市から追い出そうと住居や商店の窓ガラスを粉砕した。そのすぐ後、アラブの部族とキリスト教徒の指導者たちは広範な参加者による会議の開催を呼びかけ、先週土曜日、ジャルムズ村のシャイフ、アシャーイル・タイ・ムハンマド・アブドゥル・ラザーク・アターイーを顧問に招いて会議が開催された。会議では声明を発表。クルド人諸政党に対し、カミシュリ市の治安を犯したこと、また、アラブ人とキリスト教徒の財産に被害を与え、彼らを脅かすスローガンを掲げたことに警告を発している。しかし、複数の住民によると、クルド諸政党はこれを無視し、翌日の日曜日再び騒動をくり返した。クルド諸政党はシャイフ、マアシュークル・ハズヌーイーを殺害した犯人を明らかにするよう要求している。

ドイツ通信社(DPA)はカミシュリ市の複数クルド人の話として、おととい同市で発生したデモは、先月から行方不明となり最近デリゾールの病院で遺体となって発見されたクルド人シャイフ、マアシュークル・ハズヌーイー殺害に抗議して行われたものだと報じている。デモではデモ隊と警官隊との間で発砲の応酬となり、警官1人が死亡、両者に多数のけが人が出た。

DPAの電話取材に対し、スレイマーン・ユースフは、はじめにクルド人側の何者かがデモを解散させようとしていた警官に発砲し、発砲の応酬となり、身元不明のそのクルド人を逮捕した、と話した。